蓮舫新代表が解決しなければならない民進党の大問題とは?

蓮舫さんが民進党の代表に選出された。1回目の投票で過半数を獲得しての圧勝だった。だが、代表戦の終盤、蓮舫さんの「二重国籍」が取り沙汰された。

蓮舫さんは、台湾国籍の父と日本人の母との間に日本で生まれた。当時の法律では、生まれた子どもは父の国籍になるため、台湾国籍として育った。17歳で、蓮舫さんは日本国籍を取得。父親とともに台北駐日経済文化代表処を訪れ、台湾国籍を抜いた、と蓮舫さんは思っていたのだ。

ところが、である。蓮舫さんの台湾国籍は抜かれていなかった。父親と役所の人間との会話が台湾語だったため、蓮舫さんは状況を理解していなかったのだ。つまり、日本国籍を取得した17歳のときから、ずっと二重国籍状態だったことになる。

この「二重国籍」問題で、蓮舫さんにさまざまな批判が起こった。参議院議員となり閣僚まで務めたのだから、「無責任だ」というものもあった。しかし、そもそも、それで何の問題もなかったのだ。だから、誰も気づかなかったわけだ。逆に、チェックできなかったシステムのほうに問題があるのではないか、とさえ思う。もちろん「中国は一つ」だ、という、台湾を国家として認めるわけにはいかない複雑な問題も背景にある。

いずれにせよ代表戦では、蓮舫さんの国籍問題を対抗馬である前原誠司さん、玉木雄一郎さんも追及しなかった。蓮舫さんは、堂々と代表に選出されたのである。

蓮舫さんとは、彼女がキャスターだったころからの付き合いだ。非常に聡明で、さっぱりとした人柄、会話をしていてもつかみがよく、持って生まれた「カン」を感じた。その力が見事に政治の世界で花開いた。

もう一つ、蓮舫さんのよいところは、物事を曖昧にしないことだ。わからないことはわからないと言い、イエスとノーをはっきりさせる。僕は、彼女のはっきり言い切りすぎるところが心配ですらあった。

さて、民進党は、いま、舵の切り方が難しい局面にある。旧民主党は、3年3カ月、政権の座にあったが、その後、4回の選挙で敗北している。それは、なぜか。1つめは、民進党に反省が足りないからだ、と僕は思う。一度は政権を取っておきながら、なぜ負け続けているのか、彼らが徹底的に議論しているとは思えないのだ。

もう一つは、経済の問題だ。これがいちばんの問題だと僕は思っている。一般的に欧米の二大政党の場合、「保守」対「リベラル」になる。保守は自由競争が基本だ。徹底的に経済競争をした結果、貧富の差が出るのはしかたないという立場だ。いわゆる「小さな政府」である。リベラルは逆だ。貧富の差を小さくするように、社会保障、福祉をなるべく厚くする「大きな政府」である。だから、リベラルが政権を取ると、どうしても財政難となる。すると、次の選挙では保守が勝つのだが、保守政権が続くと貧富の差が広がり、不満を持つ人が増えてリベラルに戻る。

ところが、戦後日本で、ほとんどの時期、政権を担ってきたのは自民党だ。自民党は、ちょっと特殊である。保守なのだが、社会保障にも手厚い、という政策をとってきた。いわば1つの党で、「保守」と「リベラル」の役割を両方担ってきたような党なのだ。だから、国の借金は1千兆円にも膨らんでしまった。

経済で、民進党がどういう色を打ち出すのか。安全保障では、右寄りの安倍政権に対抗しようとすると、憲法改正反対の立場をとらざるを得なくなる。だが、そうすると共産党との違いがよくわからなくなってしまう。いや、下手をすると社会党のように、衰退してしまう恐れもあるだろう。

蓮舫代表が、経済と安全保障で、いかに具体的な政策を打ち出せるか。民進党の存亡は、彼女の肩にかかっている。

カテゴリー: コラム, ニュース解説 | コメントする

映画「シン・ゴジラ」を観て思った、日本の抱える問題がここにあった!

ジャーナリストの津田大介さん、堀潤さんらと話題の映画「シン・ゴジラ」を観た。「3.11」の福島原発事故が発想の根源になっている。

ある日、海上に巨大不明生物が出現する。この巨大不明生物が「ゴジラ」なのだが、実は海底に廃棄された核廃棄物が発生源だ。その生命の仕組みが原子力発電と同じ構造だという。

暴れるゴジラに対して、政府はどう対処するか。日本の危機を前にして、閣僚や官僚たちが緊急会議を開く。自衛隊を出動させるかどうか、「憲法違反ではないか」などと、議論は延々と続く。今そこに危機があるのに、である。

結局、自衛隊を出動させるものの、ゴジラを退治することはできない。次に米軍に出動を要請するが、やはり歯が立たない。最終的に、国連軍が東京ごとゴジラに核攻撃をすることに。しかし、日本が三たび核爆弾にさらされるのを日本人は許してよいのか……。

観ていない方のために内容紹介は、このくらいにしよう。ともかく政治家や官僚たちに、かなりリアリティがあっておもしろい。独特の早口でしゃべる官僚たち、日本の縦割りの官僚制度、そして大臣の欠陥がよく出ている。アメリカの要求にノーと言えず、困惑する首相も実にリアルだ。

怪獣映画というジャンルに入るのだろう。しかし、自衛隊と憲法、官僚制度の欠陥、核と原発……、日本という国の抱える問題を、非常にリアルに描いている。僕はとてもおもしろく観ることができた。

興行成績がトップクラスだというのも納得である。現役の政治家や官僚たちも、ぜひ観ていただきたい。

カテゴリー: コラム, ニュース解説 | 3件のコメント

小池東京都知事に聞いた、都政をどう変えるのか?

東京都知事選挙が終わって1カ月がすぎた。選挙では、小池百合子さんが次点の増田寛さんに100万票以上の大差をつけて当選した。

その小池さんが、自民党東京都連幹事長で、東京都議会のドンと呼ばれる内田茂さんと、どうつき合いながら、都政改革に取り組むのか。もっと言えば、「戦うのか」、あるいは「からめ取る」のか。いま僕は、そこにいちばん興味をもっている。そこで、僕が司会を務めるBS朝日の討論番組『激論!クロスファイア』に、小池さんに生出演してもらった。

僕には、どうしても小池さんの考えを聞いてみたいことがあった。「都議会はドンが仕切っており、舛添都政はその傀儡政権。都議会の正常化のためにはガンを切除しなくてはならない」という、猪瀬直樹元都知事の言葉だ。

僕は、早速、小池さんにぶつけてみた。対して、小池都知事は明言しなかった。だが、どちらかといえば「からめ取る」作戦でいくのではないかと感じた。

小池さんは、「自律改革」を掲げている。東京都職員一人ひとりが改革するのだと士気を上げたいという。どうやって士気を上げるのかと聞くと、目安箱を設けて意見を集める、そして、「職員のわくわくを大事にしたい」、と答えた。

小池さんが表明している政策のひとつに、「無電柱化」がある。日本では、道路に電柱があるのが当たり前だと思っているが、電柱をなくすことは実現可能だ。そもそも狭い道路が多い東京では、歩道が電柱でさえぎられるような箇所も多い。車いすやベビーカー、目の不自由な方などが歩くには、非常に危険だ。その電柱をなくすというのだ。

それはいつ可能になるのか、と聞いたところ、「田原さんや私はもうとっくにいなくなっている22世紀だろう」と言った。そして、「地震国だからこそやらねばならない。イノベーションにもつながる」とも述べていた。

僕はこの目で見られないだろう。だが、未来の道路を思い浮かべて僕は非常にわくわくした。都職員たちも、こうした小池さんの話に、きっと「わくわく」することだろう。「自律改革」に現実味を僕は感じたのだ。

小池さんは都知事就任後、早速、築地市場移転の延期を発表した。猛反発もあるが、平然としたものだ。「根回しベタといわれるが、根回しをしていたら改革できない」「コンセンサス(consensus)ではなく、コンビクション(conviction)の時代ではないか」と、イギリス元首相サッチャー氏の言葉を引用しながら、力強く語った。

僕は組織の論理やしがらみ、前例などから、するりと抜け出た小池さんが、とてもしなやかで、いいと思った。一都民としても、おおいに期待したいと、心から思った。

カテゴリー: コラム, ニュース解説 | 3件のコメント

なぜ、いま田中角栄なのか?

いま、書店には「田中角栄」本がずらりと並んでいる。もはや「田中角栄待望論」というべき現象だ。

政治評論の世界での僕のデビューは『中央公論』1976年7月号の「アメリカの虎の尾を踏んだ田中角栄」だった。

その年の2月、田中さんはロッキード事件で5億円を受け取ったとして逮捕された。僕はこの成り行きに強い疑問を持った。そこで周辺に徹底取材し、「田中はアメリカに陥れられた」、すなわち「虎の尾を踏んだ」と書いたのだ。

僕が会った田中さんは、想像したとおりの強烈な人だった。田中さんに会うと、誰もが彼に引きつけられた。僕が日本の政治に強い関心を持ったのも、この「田中角栄」という人物がきっかけだ。

1981年、田中さんにインタビューする機会を得たときのことだ。僕は、田中さんの自宅兼事務所である通称「目白御殿」を訪れた。ところが、約束の時間を1時間過ぎても田中さんが現れない。当時の秘書、早坂茂三さんにどうしたのかと尋ねると、「実は角さんから『田原についての資料を一貫目、集めてくれ』と言われましてね」と返ってきたのだ。

一貫目とは、およそ3.75kgである。本当にそんなに集めたのかはわからない。しかし、ともかく田中さんがその資料を読み込んでいて、だから遅れているというのだ。豪放磊落のようでありながら、一体どれだけ繊細な人なのか。僕はそのとき、改めて「田中角栄」に興味を持ったのである。

田中さんは、よく「コンピュータ付きブルドーザー」と評された。「ブルドーザー」は、その類(たぐい)まれなる行動力ゆえであり、「コンピュータ」である所以(ゆえん)は、とてつもない記憶力のよさにあった。

田中さんは、『広辞苑』や英和辞書、漢和辞典など片っ端から暗記し、暗記し終えたページは食べてしまったという。「六法全書」には特に詳しかった。議員立法33本という数字は、彼の後にも先にも超えた議員はいない。記憶力は人心掌握術に大いに役立った。たとえば、官僚の入省年次、誕生日、結婚記念日などをすべて記憶しており、欠かさず贈り物をしたという。

後の首相、竹下登さんも、その掌握術を真似ようとしたが、彼にはそこまでの記憶力はなかったそうだ。だから竹下さんは、覚えておきたいことをすべて書きつけておいた。このメモは「竹下の巻紙」と呼ばれていた。

田中さんは、キャラクターだけでなく、構想力も一流だった。田中さんが発表した「都市政策大綱」という論文がある。簡単に言えば、日本列島をひとつの大きな都市圏にしようという構想だ。これが『日本列島改造論』につながり、そのおかげで現在、北海道から九州まで1日で往復できるようになったのだ。

田中さんへの3度めのインタビューを終えた日、「ちょっと田原、待ってろ」と言われ、僕の目の前に白い封筒が置かれた。現金だとすぐにわかった。僕は、とうとう来たかと思った。これを受け取れば、ジャーナリストとしての終わりを意味する。だが、受け取らないと田中さんのメンツをつぶすことになる。迷いに迷った末、いったん、封筒を受け取って、その足で事務所に行き、秘書の早坂さんに「お返ししたい。もしダメなら僕からの寄付というかたちで受け取ってほしい」と伝えたのだ。早坂さんは快く受けてくれた。その後、彼とは非常にいい関係を続けた。

実は、この出来事は、その後の僕にとって、大変なメリットとなった。政治ジャーナリストをしていると、さまざまな政治家が秘書などを介してお金を持ってくるのだが、「あの角栄さんのお金を受け取らなかったのだから、あなたからもいただくわけにはいかない」と、穏便に断ることができるのだ。田中さんが引退し、亡くなってからもう何年も経つというのに、いまだにこの台詞(せりふ)が通用する。なんという存在感であろうか。

今、田中角栄ブームが起きているのは、現在の政治に構想力が足りないせいだろう。アベノミクスの第1の矢の「金融政策」と、第2の矢の「財政政策」が奏功して、株価が上がった。しかし、第3の矢である「成長戦略」のための構造改革は進んでいない。構造改革は、改革した後どうするのかという構想が必要なのに、そこを描き切れないからだ。

もし、いま「田中角栄」がいたら、新しい構想を打ち出して国民に見せていただろう。守りに入ってばかりでチャレンジしない政治家たちの中からは、新たな「田中角栄」は出てこない、と僕は思う。政治家たちは、この「田中角栄ブーム」を、どう見るのだろうか。

カテゴリー: コラム, ニュース解説 | 3件のコメント

終戦記念日の天皇陛下のお言葉と安倍首相発言の「温度差」から見えるもの

8月15日、今年も終戦記念日を迎えた。日本武道館では、全国戦没者追悼式が政府主催で開かれた。

正午の黙祷の後、安倍晋三首相が哀悼の意を表明した。「尊い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄があることを、片時たりとも忘れません」と。そして、「戦争の惨禍を決して繰り返さない。これからも、この決然たる誓いを貫き、歴史と謙虚に向き合い、世界の平和と繁栄に貢献」すると宣言した。

安倍首相に続いて、天皇陛下が「さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」「深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」とお言葉を述べられた。

天皇陛下のお言葉と、安倍首相の哀悼の意に、「温度差」を感じたのは僕だけではないだろう。天皇陛下はさきの大戦について、「深い反省」との表現を昨年に続いて使った。だが、安倍晋三首相は「反省」について触れていない。そのかわり、「世界の平和と繁栄に貢献する」と、「積極的平和主義」を示すような文言を入れているのだ。

この1週間前の8月8日に天皇陛下は、「全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています」というお気持ちを表明している。具体的な文言を避けているが、「退位」の意向を示したのだ。

天皇陛下の「生前退位」への希望表明を、僕は安倍首相の憲法改正に対する、対抗なのではないか、と考えている。天皇陛下は政治に言及できない。しかし、現在の憲法を護りたい、と思っておられることは明らかだ。

ところが今回の参議院選挙で、自民党など改憲勢力が3分の2を超える議席を獲得してしまった。改憲の発議に必要な議席を確保したのだ。安倍首相のもとで改憲が行われることに、相当な危機感を持たれたのではないか。

もちろん、ご自分の健康への不安があるのは事実だろう。だが、「生前退位」を実現すべく、皇室典範の改正が必要になれば、安倍内閣は憲法改正に傾ける労力をそがれるのではないか――。こう考えるのは、うがちすぎだろうか。

僕は終戦記念日の式典を見て、改めて天皇の「密やかな抵抗」を感じたのである。

カテゴリー: コラム, ニュース解説 | 3件のコメント